一番人気のサッカーベッティングマーケットガイド

サッカーは本当にすばらしいゲーム。シンプルなので、どこででもプレイでき、何かでゴールを設定したら自分にピッチがあります。ゴールポストへのジャンパー!得点が少ない性質のゲームでは、たくさん点数を入れるスポーツよりも負けそうなチームが勝つことが多いという意味です。これは見るという観点、賭けるという観点からすばらしいことです。

何かプレイベントやインプレイサッカーマーケットを見てみると、ほぼ250のベッティングラインや山ほどの関連するオファーを見ることがあるでしょう。自分に合うサッカーベットを決定する手助けのために、共通のベットタイプやプロモをここで説明して行きます。

アウトライトベッティング

アウトライトベットは、単純に所定の結果での賭けです。例えば、ウェストハムがストークを倒すなど。これは、すべてのアウトライトベッティングをカバーすべき主要オッズチェック会社のブックメーカー間を比較すると、良い価値を手に入れるのに一番簡単なベットです。

ブックメーカーは、賭けさせるために見出しを握るアウトレイトベットオファーをよく提供します。より良いマージンがある他のベットに同時に賭けることを願っているのです。自制心があるなら、すばらしい価値のアウトライトベットに賭けることができます。

アキュムレーター

一緒にすべての勝ちに対する一連の完全な結果を予測することがアキュムレーターベットです。これは野球に賭けることができる一番一般的なタイプの賭けで、通常のオファーやアキュムレーター(Acca)インシュランスや%ボーナスエンハンスメントなどのプロモに最も一般的に関連している賭けタイプでもあります。フルアキュムレーターには、リターンを得るためにすべての予測した結果が必要です。置く最高のアキュムレーターは、最高のオッズエンハンスメントオファーに対して、自分の選択肢で手に入れることができる最高のオッズとバランスが取れているものです。ブックメーカーがこれを利用して顧客を引きつけ、それで低めのマージンを管理するので、一般的には、サッカーのアキュムレーターベッティングは良い価値のベットです。

アキュムレーターは試合結果全体だけではなく、どんな固定されたマーケットでもあります。両チームのスコアや自分の勝選択肢など、マーケットで頻繁にアキュムレーターを置くことができます。ハーフタイムの結果のアキュムレーター、正確なスコアのアキュムレーターなどに置くことができます。

ゴールスコアラー、コレクトスコア、キャストベッティング

コレクトスコアとゴールスコアラーベッティングは予測するサッカーベットで最も一般的なタイプのもののひとつです。私たちには皆「3対1で勝って、サラーが最初に点を入れると思う」というような会話をします。そして、多くに人がこの予測に賭けるのです。

コレクトスコアはシンプルで、90分間、ハーフタイム、追加時間、試合中の特定の間隔でも正しいスコアを予測することができます。誰が最初にゴールを決めるか、最後にゴールを決めるのは誰か、試合のどこか得点を入れるのは誰かということも予測することができます。スコアエニータイムのオッズは、ファースト/ラストゴールスコアラーよりも低めです。現在、一部の会社は、賭けの半分がベットの最初/最後の部分、残りの半分はエニータイムゴールスコアラーになるファーストまたはラストゴールスコアラーのそれぞれを提供しています。

スコアキャストは、リンクされたベットで、ここではコレクトスコアとゴールスコアラー(最初、最後、いつでも)を予測していて、リターンを得るためには、両方に勝たなければなりません。スコアキャストでは、強化されたオファーを頻繁に見つけることができます。

ハーフタイム/フルタイム

ここでは、前半と後半の結果に対して、基本的に試合ではダブルで予測しています。アウトライトベットとしてハーフタイムの結果、またはフルタイムの結果でダブルベットとして賭けることができます。このタイプのベットは、結果全体のオッズを高めることができます。アーセナルが勝つけれども、スロースタートになる場合、完全にアーセナルの勝ちよりも、もっとオッズが高い引き分け/アーセナルに賭けることができます。

重要なことがひとつありますが、このタイプのベットのオファーは滅多に得ることができず、ブックメーカーは、ここでかなり儲かるマージンを作っています。本当に頻繁に前半または広範に勝つチームに賭けることができますが、このオファーは所定のゲームで勝つ方法をもっと提供します。
ハーフタイム/フルタイム ベッティングマーケットは、W杯、ユーロ、チャンピオンズリーグなどの主要な競技への賭けでよく利用されます。例えばとても良いuclチャンピオンズリーグのオッズが手に入れることができると、かなりの収益を期待できます。